医院開業 お役立ち情報
Useful

医院開業で使える補助金・助成金について

今回は開業時に使える補助金・助成金についてお話ししたいと思います。
皆さんは助成金、補助金の違いをご存知でしょうか。どちらも事業者が目標に向け事業を展開する事をサポートするために給付されるお金のことを言いますが、そもそもの性質に大きな違いがあります。まず助成金とは、主に厚生労働省所管で取扱っている支援金のことを言います。その為、雇用(ヒト)や労働関係を対象とした支援金がほとんどとなります。国や地方公共団体が示した受給要件を満たしていれば、原則だれでも受け取る事が出来ます。しかし、以前に比べて開業時に使用できる助成金の数が減ってしまった為、助成金の活用が難しくなってきているのが現状です。一方で補助金とは、主に経済産業省所管で取り扱っている支援金の事を言います。その為、研究開発やIT企業など特殊で専門的な分野を対象とした支援金がほとんどとなります。受給要件を満たした上で申請をしても、審査に通過しなければ受け取ることが出来ません。
補助金・助成金によって補助限度額や補助率は違いますが、どれも返済の必要が無いため、開業当初にかかる資金繰りを少しでも楽にする事が可能になります。

医院開業時に使える補助金・助成金

補助金・助成金にはたくさんの種類があります。国や地方公共団体が募集しているものから企業・団体が募集しているものまであります。その中でも医院開業時に使える補助金・助成金を幾つかご紹介いたします。

1、創業・事業承継補助金

http://sogyo-shokei.jp/sogyo/

募集団体 中小企業庁
補助率 1/2以内
補助限度額 200万円以内
概要 新たに創業する者や事業継承を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を助成する事業で新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的とします。

2、トライアル雇用助成金

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/trial_koyou.html

募集団体 厚生労働省(ハローワーク)
支給額 1人につき40,000円×3か月
概要 職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者(※)等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

補助金・助成金をもらうためのポイント

概ね公募制となるため、決められた期間に応募しなくてはいけません。それに伴い申請書類を提出しなくてはいけないので、しっかりと経営プランを立て、それを記載できるようにしておくことが大切です。
また、地域や時期によって募集をしている補助金・助成金が変わってきますし、応募できる条件も各々異なりますので、最新の情報は該当地域・官公庁に問い合わせて確認をしてください。

まとめ

補助金・助成金制度は意外と知らない方も多いかと思いますが、知っていれば誰でも応募することが出来ますので、ご自身の条件に合った補助金・助成金制度を活用して開業当初の資金運用にぜひ役立ててください。

お問い合わせ

協業・物件掲載・その他お問い合わせはこちらから

  • 03-5772-1770
  • 03-5772-1770
  • お問い合わせフォーム
ドクター専用 お問い合わせ

開業物件やセミナーのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

  • 03-5289-8312
  • 03-5772-1770
  • ドクター専用お問い合わせフォーム
各種お申し込みはこちらから
  • 無料開業セミナーお申し込みフォーム
  • 医院開業メルマガ
トップに戻る

copyright © 株式会社メディカル・イノベーション All right reserved.