医院開業 お役立ち情報
Useful

医院開業に関する様々なリスクについて

「医院を開業する」ということは、同時に「経営者になる」ということで、必ずリスクが伴います。昔と比べ医療を取り巻く環境が変化し、昨今は「開業すれば必ず成功する」時代ではなくなりました。リスクを最小限に抑え、患者さんに選ばれる医院を目指さなければならないのです。

今回は、「医院開業の様々なリスク」についてご紹介します。開業すると、具体的にどのようなリスクがあるのかを見てみましょう。

経営者としての資金負担が発生するリスク

第一に、開業のための資金が必要です。自己資金のみで開業することは難しいため、融資等を上手く使って、物件や医療機器等の設備投資の資金を用意します。
また、その後の運転資金にも注意しなければ、開業後の経営が苦しくなる可能性があるため、計画的な資金繰りが必要です。

確実な収入アップは約束されていないリスク

ドクター(医師)が開業をする理由として、収入アップの目的を挙げられる方は多いです。 しかし、昔と違い、今は開業すれば必ず収入が上がるわけではありません。経営状況によっては、勤務医時代よりも収入が減少することも考えられます。事前に自ら経営の知識をしっかりと身につける、専門家にアドバイスをもらう等、確実な収入アップへとつながるようにしましょう。

家族にかかるリスク

開業の際はご家族やご親族の方が保証人となる場合があります。また、医院を経営するにあたっても、受付や事務をご家族の方が対応される場合も多いです。反対に、家族が直接経営に関わらずとも、ドクター(医師)の仕事をする時間が増えたことで、家族との時間が少なくなってしまうこともあります。 様々な部分で協力が必要となりますので、必ずご家族の同意を得たうえで開業することが大切です。

集患対策を自ら行う必要があるリスク

医院を開業しても、認知されなければなかなか患者さんは集まりません。 自ら集患対策をする必要があります。特に来院される患者さんの多くがホームページを見るため、専門家にホームページ作成を依頼するなど、開業前にしっかりとした打ち合わせのもと、誰もが安心して来院できるホームページを作り対応しておきましょう。

患者さんや従業員の間でトラブルが起きた際のリスク

医療過誤、患者さんトラブル、従業員トラブル、経営に関するトラブルは、どれも避けたいものです。見過ごしてしまった小さなトラブルが、大きな問題に発展した場合、責任は院長にかかってきます。 常日頃から小さなトラブルを放置することなく、あらゆるトラブルが起きても最小限に抑えられるよう、それぞれ対策を考えていきましょう。

ドクター(医師)が自分ひとりの場合、代わりがいないリスク

開業したドクター(医師)ひとりで診療をする場合、体調不良や、学会参加時などに代診をする人がいません。その際は、診療時間を短くする、代診のドクター(医師)を雇うなどの対策が必要です。

従業員の採用や労務管理のリスク

患者さん目線において「ヒト」は特に重要です。今後の経営に大きく影響するにも関わらず、開業前の忙しい時期は人選が甘くなってしまうことがありますが、しっかりと見定めることが大切です。開業後も忙しさからスタッフのケアも疎かになりやすいですが、従業員のモチベーション維持も大切ですので、定期的な面談等のケアも気を付けるべきポイントです。

日本医師会データから分かる2つのリスク

診療面のリスク

診療面で勤務医時代に負担だった業務等では、「当直」「時間的拘束(当直以外)」の回答が最も多く、上位2項目は、申告な過重労働を示すものでした。これに対し開業医では、「レセプトの作成、チェック」「レセプト以外の書類作成」といった、診療以外の業務が負担という回答が目立ちます。
自身の医療水準の維持は、勤務医時代に負担だったという回答もありますが、開業後は、約半数のドクター(医師)が医療の高度化等への対応に苦慮しています。

グラフ「勤務医時代のほうが負担だった業務等」およびグラフ「開業してからのほうが負担になっている業務等」

管理面のリスク

管理面で勤務医時代に負担だった業務等の最上位は、「経営に関する会議等」です。管理職の立場の方が、診療の間に会議に出席することが負担と感じられていることが推察されます。
 開業後に負担になっている業務等では、「スタッフの採用」「スタッフの教育・育成」「スタッフの処遇・評価」の回答が多く、ヒトに関する部分で悩むドクター(医師)が多いことが分かります。勤務医時代に負担だったという回答もありますが、開業後はその比ではありません。また、「経理・会計」および「税務」が4割以上、「資金繰り」が3割強あり、勤務医時代には経験のない経営管理業務が大きな負担になっていることが分かります。

グラフ「勤務医時代のほうが負担だった業務等(管理面)」およびグラフ「開業してからのほうが負担になっている業務等(管理面)」

まとめ

新規の開業をする場合は、多方面のリスクが考えられます。勤務医時代と比べ、「経営面」「スタッフ採用の面」は、開業後、特に負担の大きい部分です。
冒頭でも述べました通り、「開業すれば必ず成功する」時代ではなくなった今、払拭できる負担やリスクは、開業前から対策をしていかなければなりません。開業は時間・労力・多大な費用をかけた大仕事です。必ずリスクを把握した上で、成功するための開業をしましょう。

開業コンサルティング、経営コンサルティングにご興味をお持ちの方は、是非当社の無料相談をご利用ください。

お問い合わせ

協業・物件掲載・その他お問い合わせはこちらから

  • 03-5772-1770
  • 03-5772-1770
  • お問い合わせフォーム
ドクター専用 お問い合わせ

開業物件やセミナーのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

  • 03-5289-8312
  • 03-5772-1770
  • ドクター専用お問い合わせフォーム
各種お申し込みはこちらから
  • 無料開業セミナーお申し込みフォーム
  • 医院開業メルマガ
トップに戻る

copyright © 株式会社メディカル・イノベーション All right reserved.