医院開業 お役立ち情報
Useful

開業にあたっての事業計画書の書き方・ポイント

事業計画書は、これから行う事業に関わる全ての人において、重要な役割を持ちます。自分がどういう事業を行い、中長期的にどのようになるのか。自分自身の道しるべでありながら、自分以外の人への説明書代わりにもなります。
その為には、より具体的な内容、将来像を描く事が重要になります。

開業に事業計画書はなぜ必要?

事業計画書は、これから行う事業の方向性や計画、事業収益を可視化する事で、ビジネスとしての可否判断をはじめ、事業の強みや弱みを知る事ができます。
この計画書には、経営理念、計画、収支計画、資金調達計画、など様々な計画を具体的に記載する必要がありますので、開業前にはイメージ出来なかった事柄や問題点などが浮き彫りになるケースもあります。

融資を受ける際は、資金調達や運営利益の計算などを具体的に行っておくと安心です。また、事業計画書があることによって、クリニックで働く人材を確保する場合にも役立つことがあります。その他にも、この計画書は開業後に計画の変更をしたい場合にも参考となりますので、事業戦略の修正を行う場合などに、事業計画書を参考にすると良いでしょう。
事業計画書は自分で作成する事も出来ますが、知識がない、作成する事が不安、という場合には、専門家と相談のうえ作成することをお勧めします。

融資を受けられる事業計画書のポイントは?

開業資金の調達方法はいくつか種類があります。例えば、自分の資金を利用する方法と公的機関・民間機関から融資を受けて開業の際に必要な資金や、事業を安定させるまでの資金、いわゆる運転資金を借りる方法が一般的です。融資元によって融資額や融資の条件が異なりますので、必要に応じて融資元を検討すると良いでしょう。

融資元へ提出する事業計画書のポイントとしては、計画書に開業資金と運転資金の両方が記載されている点が挙げられます。また、収支計画の数字も融資の判断材料の一つになり、創業当初の数字と事業が軌道に乗った後の数字を記載する事も計画書作成のポイントとなります。
これらの金額や数字は具体的である必要があります。開業する立地の商圏分析を行い、どれだけの集患が見込めるのか、競合医院はどれだけあるのかなど、事前に調べておくと安心です。公的なサービスを利用する場合、補助金や助成金などを利用します。
これは国や地方自治体が事業者に向けて交付しているもので、融資とは異なり返済する必要がない場合があります。

ただし、補助金や助成金に関しては予め決められた条件がありますので注意が必要です。事業を行う際に補助金や助成金を利用したいという場合には、条件に合致するのか、予め最寄りの自治体へ問い合わせると良いでしょう。

まとめ

事業の計画書は、金融機関からの融資、補助金や助成金を利用する場合にも必要となります。
開業の際には具体的な数字を記載することや、将来的な融資を視野に入れて作成すると良いでしょう。

医院開業コンサルティング、経営コンサルティングにご興味をお持ちの方は、是非当社の無料相談をご利用ください。

お問い合わせ

協業・物件掲載・その他お問い合わせはこちらから

  • 03-5544-8711
  • 03-5544-8711
  • お問い合わせフォーム
ドクター専用 無料相談

開業物件やセミナーのお問い合わせはお電話でも受け付けております。

  • 03-5544-8711
  • 03-5544-8711
  • ドクター専用無料相談フォーム
各種お申し込みはこちらから
  • 無料開業セミナーお申し込みフォーム
  • 無料会員登録
トップに戻る

copyright © 株式会社メディカル・イノベーション All right reserved.